● 「嬉しい言葉」「いやな言葉」

子供達と、実験をしました。 瓶の中に炊き立ての発芽玄米を入れて(給食を少し頂きました)、 「嬉しい言葉」には、自分が言われてうれしいと思う言葉を、 「いやな言葉」には、自分が言われて嫌な言葉を、それぞれ入ってる玄米に向けて毎日声を掛けます。
1週間、2週間、一カ月経って、変化が出てきたクラスがありました。

「嬉しい言葉」は、少し黄色になり、「いやな言葉は」ポツンと一つカビが出たらあっという間に真っ黒です。
実験を始めて約3ヶ月。未だ「嬉しい言葉」は、カビは生えていません。

この実験を通して、人の心も同じだということを、子ども達に伝えていけたらと思っています。

※写真をクリックすると大きく表示します。

アルバムメニューへ

このページのトップヘ