● くすのき燕さん公演会

くすのき燕さんは、室町時代から江戸時代まで行われていた、日本古来の芸能肩掛 け人形芝居を現代に復活させた方です。以前から、当園とご縁があり、本年度も園児 に腹話術と、肩掛け人形芝居の公演をしていただきました。
始めに、腹話術のカンクロー。カンクローとくすのきさんのやり取りに、子供たちも 大喜びでした。牛乳を飲んでいるカンクローには、目が釘付けです。
いよいよ肩掛け人形芝居。くすのきさんが衣装にお着替えになられるまで、先生達と 手遊びをして遅んでいると・・・
どこからともなく、横笛の音色が・・・
肩掛け人形芝居の始まりです。今回は「ねずみのすもう」でした。

※写真をクリックすると大きく表示します。

アルバムメニューへ

このページのトップヘ