●5月知能あそび

「知能あそび」は、小学生になる基礎つくりを考えた時間で、全ての遊びのまとめといえます。 「物事を理解する」「そのことを言葉にして相手に正しく伝える」 「相手に理解してもらう」という過程を経て、自信が生まれて心が大きく育ちます。 また、思いをみんなの前で「発表する力」を養います。

今日は、初めての知能あそびです。
季節の歌を歌い、グループ別に代表を決めてみんなの前で歌います。
先生が決めるのではなく、子供たちが自分たちで決めます。
立候補の人数が多ければどうやって代表を決めればいいのか話し合いをします。
前に出て歌うことは大変勇気がいる事ですが、これが第一歩です。
そして、今日は言葉のお勉強です。
「~は」、を使って、短い文を作ります。
何を言おう・・・しっかり考えていました。
考えることが出来る時間。これもとても大切です。

※写真をクリックすると大きく表示します。

アルバムメニューへ

このページのトップヘ